GARAGE

私がクルマが好きな理由。
カーライフスタイル紹介メディア

2021.01.07

~だから私は、ホンダに乗る~ エピソードNO1 送り迎えはいつもホンダ車でした。

  • 新百合ヶ丘店

なぜ、ホンダ車に乗るのか。カーオーナーにはそれぞれ、ホンダ車を選んだ理由があります。なぜ、ホンダ車に乗るのか?答えは十人十色です。

この連載ではホンダ車を選んだ方へ、「なぜあなたはホンダ車に乗っているのでしょうか?」と言う質問から始まるインタビューを行い、得たエピソードを元に原稿を作成しております。だから私はホンダに乗る。第1回。新百合ヶ丘店スタッフのエピソード。

車内空間の広さは、寛ぎの空間であることに気が付いた。

私が産まれてから、車は身近な存在であった。物心がついた時に、家族は車は2台所有しており、当時はメーカーを気にする事はなかったが。なんと2台ともホンダ車であった。

自宅は山の上にあり、駅に行くにも買い物に行くにも、いつも車で移動をしていた。決して歩けなくはないが、駅までは車で20分かかる。歩くには少し遠い。何気なく両親に送り迎えをしてもらっていたが、歳を重ねるにつれ、両親に負担を掛けてしまっていると感じてきた。

   

大学進学を機に一人暮らしを始め、栄えた環境で生活をするようになった。一人暮らしも慣れ、友人も増えてきた際に一つ疑問が出来た。私は免許を取得するために教習所に通う。教習車を窮屈に感じ、違和感を覚えたのであるが、深く考えることもなくそのまま免許を取得した。

久しぶりに実家に帰り、実家の車で駅まで運転。教習所で感じた窮屈さはなく、開放感のある中で運転をすることが出来た。幼い頃には室内空間などは特に気にする事もなくなんとなく車に乗っていた。こうして大人4人が乗っても圧迫感もなく、快適にカーライフが満喫できることで、改めてホンダ車の車内空間の魅力を感じた。

     

ホンダの魅力は、力強い走り

 

私の家族は一度だけ、ホンダ車以外の車を所有した事がある。山の上まである自宅へ、その車で運転してみたところ、物足りなさを感じてしまった。今まで、車は走って当たり前と認識していたが、実際他の車を乗ってみたところ、ホンダの魅力なのかと実感した。

いつも送り迎えをしてもらっていたが、免許も取得したことで、私も運転できる。両親の負担を減らしたいと思い、送り迎えは率先して手伝った。「まさか私が送り迎えをする日がくるなんて」と想いつつ、成長できたなと同時に思えた。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

関連記事

Contact Us

お車のことでしたら、
なんでもカナキタへご相談ください。

お客様の事をよく知り、嗜好や価値観を理解させていただいている我々だからこそできることが、きっとあります。